日本人の野球好きは甲子園がきっかけ? | 身近ななるほどが集まるブログ

日本人の野球好きは甲子園がきっかけ?

高校野球が好きというと、日本人同士では、甲子園!とすぐ理解してもらえますが、外国人との会話ではそうでもないようです。

高校に入れば、女子高でもない限り、野球部があって、硬式野球部ならば一応どのチームも「甲子園を目指す」というのが最終目標、だったりします(よね?)。そして、野球部以外の生徒にとっても、学校のチームが予選に出るからには、応援に行ける人は行く、ということがある。一般の社会人になるまでに、最も接触が多いスポーツの一つだと思います。

TVでも、甲子園の時期にはNHKが野球中継しているし、21時、23時のニュースの多くの時間を割いて、その結果が伝えられる。ここでも接触の機会大。

そして、甲子園で活躍した選手はスカウトの目に留まり、見事ドラフト指名を受けて、12球団の中でプロデビュー!というのが、野球をプレイしたことのない女性でも知っている流れ。

ある人に聞いたところによると、ご家族は大の野球好きで、その影響で彼女も野球好きになったとのこと。

学生時代周りはドラマの話で盛り上がっているのに、話には全くついていけずにいたが、それは、ご家庭では常にナイター中継を見ていたからで、それでも苦になることはなかったとのことなので、やはり好きな話題が「野球」だったんでしょうね。

その方は、プロ野球の試合も好きだが、プロよりむしろ高校野球派とのことでした。曰く、高校野球はやっぱり特別、高校生がひたむきに野球に取り組む姿は青春そのもので、高校球児を見ながら、自分の高校時代のできごとなどを思い出したりするとのこと。

(どうやらこのあたりに、日本人の野球好きのキーがありそうです。)
 
また、好きな高校が出場すると子供のめんどうもそっちのけで試合に集中するとのことで、もちろん、スコアブックもつけるんですって! ここまでできる方はなかなかいないと思います。スコアブックって。確かにあること、存在は知っているけど、つけ方がわからないよ…。かなり熱心なファンですよね。でも、その方のご夫君は、学生時代、サッカー一筋だったようで、ご夫婦、お互いの熱意はなかなかわからないようです。

その方は、もう今から、夏の高校野球を楽しみにしているとのこと。ご夫君の気持ちはさておき、息子さんが大きくなったら、絶対に野球させたい!ともくろんでいるそうですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする