老後が不安な薄給OLが簡単に臨時収入を手に入れる方法 | 身近ななるほどが集まるブログ

老後が不安な薄給OLが簡単に臨時収入を手に入れる方法

「私はよくお金のことを考えています。」という人が「考えている」内容は、次の二つのうち、どちらかに分類できます。

1)今あるお金をどう使えば、来年の資産総額を増やせるか。
2)今あるお金をどう使えば、今月の請求をすべて支払えるか。

できれば、1)の人のように考えて生きたいのに、できないよ!という人、例えば、手取り収入13万円、薄給で困っているという人がすべきことは、たった一つです。

モノを買うのをやめて、お金を生み出すものを買いましょう。

正確にいうなら、あなたにお金をもたらすモノなら買ってもいいのです。リスクを承知した上での不動産投資や高級車投資などはまさにその典型です。
でも、ここでやめるべきといっているのは、あなたにどんなドアも開けてくれることのない高級なバッグや時計、いわゆる分を過ぎた、身の程をしらない買い物たちです。

自分へのご褒美として、「年齢にふさわしい」、でも着ていくところのない立派なドレス、見ている分には美しいけどかかとの角度がきつすぎて歩けないハイヒール、同じような大きさの形や色違いのバッグを買うのはもうやめましょう。また、「この年なら身に着けるべき」ダイヤの一粒ネックレスも、毎月更新する艶やかなジェルネイルも、あなたの価値を上げてくれません。

あなたに必要なご褒美は、増えていく(そしていつか手放さなくてはならない)モノではありません。毎年二回、あるいは三回、臨時収入をくれる存在です。胡散臭い? そうでもありません。種明かしは簡単、日本株を現物で買えば、銘柄によって、年二回、配当と株主優待が送られてくるというお話です。

企業の決算は3月、9月であることが多いため、株主への配当が行われる場合は、決算時期に合わせて行われます。送金時期は、3月決算なら夏の、9月の中間決算なら冬の、それぞれボーナス時期にも当たるため、「勤務先にはボーナスがない」という人にとっても、銘柄と保有株式数によっては「寸志」といったぐらいの配当収入が送られてくることになるので、とてもうれしいですよ。

大事なことは、その配当収入で、やがて朽ちてゆき、最後には捨てることになるモノを買わないこと。上で、1)のように考えて生きたい人は、モノではなく、お金を生み出すものを買いましょう、と書きました。つまり、また株を買いましょう。あるいは、株を買う資金に回しましょう。

お金を生み出すもののことを「資産」といいます。お金を減らすだけのモノの買い物は、言ってみれば、無駄遣い。老後が心配、と言いながら、無駄遣いをするのはもういい加減やめましょう。あなたに必要なのは、TVの通信販売で買える「自分へのご褒美」ではなく、「お金を増やしてくれる資産」です。今から銘柄を選べば、冬のボーナス時期に臨時収入として、配当が得られる可能性がありますよ。

最後に、株式投資、不動産、高級車によるもの等、各種投資行為にはリスクが伴います。リスクを十分に理解した上で、ご自分の責任においてのみ判断をしてください。本記事は閲覧者に損害を与えることを目的に書かれたものではありません。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする