一人暮らしのおすすめ献立! 目指すは「お母さんのごはん」!?  | 身近ななるほどが集まるブログ

一人暮らしのおすすめ献立! 目指すは「お母さんのごはん」!? 

一人暮らしを始めてしばらくすると、毎日の献立に悩んだり、台所に立つのが面倒になったり

しがち。

「自分一人のためにご飯を作るのは面倒」

「自分で作っているから、食卓に料理が並ぶのを待つ楽しみがない」

「自分が作っているものが今日のごはんなので、食事の時間、”わくわく”しない」

などなど、一人暮らしの献立ならではの悩みもたくさんありますね。そんなあなたもこの記事を読めば大丈夫! 一人暮らしの生活におすすめの献立を紹介します。

ほかほかミートボールがあれば、大丈夫!

みんな大好きなハンバーグ。フライパンで焼いてよし、煮込んでよし、カレーに入れてもよし、と大活躍ですよね。ただ、ハンバーグだと、一つ丸々は食べきれない、中心に火が通るまで時間がかかる、といったデメリットもあります。

そんなときは、ひき肉に塩コショウ、玉ねぎ、パン粉を混ぜた「ハンバーグだね」はそのままに、サイズだけを小さくして、ミートボールをたくさん作っておきましょう。

大きさの目安は、とっても簡単。右の手のひらで、指鉄砲のサインをしたら、中指、薬指、小指がぎゅっと丸まります。このサイズを目安にすると、お鍋で煮ても、形が崩れにくくておすすめです。

ミートボールは、フライパンで焼いて、中まで火を通したら、保存容器に並べて冷まし、冷凍庫へ。1週間で食べ切りましょう。

お勧めは、ごく薄切りにした玉ねぎ、にんじん、ジャガイモを野菜ジュースとコンソメで短時間煮込んで、簡単スープ。そこに、レンジで解凍したミートボールを投入し、ひと煮立ちさせれば、ミートボール煮込みの完成。

また、ミートボールを丸める段階で、中にモッツアレラチーズを入れておくと、熱々、とろーりとなっておいしいですよ!

「野菜は高い」は誤解?! 旬の野菜で安くておいしい献立づくり

一人暮らしの献立には、野菜や果物は、価格が高いイメージもあり、取り入れづらいですね。実家暮らしでは気づかなかったけれど、野菜がこんなに高いとは! と驚く人も多いようです。

ただ、体の栄養バランスを整えるには、野菜や果物からとれるビタミン、繊維などの栄養素は欠かせません。野菜ジュースも、手軽にさっと飲めて人気ですが、やはり、実際に野菜を調理してみれば、苦手だった野菜もおいしく食べられるかも。

野菜の旬については、こちらに紹介記事を書きました。

一人暮らしの家計にやさしい!旬の野菜で栄養満点の食生活を送りましょう

目指すは「お母さんのごはん」!? 思い出の一品をマスターしよう!

一人暮らしを始めると、いちばん恋しいのは、実家の食卓ではないでしょうか。

お母さんの作ってくれた料理の中で、一番好きだったものは何ですか? まず一品、「お母さんのごはん」をマスターすると、そこから派生して、料理のレパートリーがぐっと広がりますよ。

今度のお休みは、実家でお母さんと肩を並べて台所に立ってみてはいかがでしょうか。きっと、いつもより楽しいお料理になりますよ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする