フィリピンへの語学留学について、教えてもらったよ! | 身近ななるほどが集まるブログ

フィリピンへの語学留学について、教えてもらったよ!

今、アルバイトをしながらフィリピンへの語学留学費用を貯めようとしている若い女性に、そのプランの魅力について、聞いてみました。

フィリピンには、多くの語学学校があるらしく、中でも、日本からの資本によるものと、韓国からの資本によるものの割合が高く、二つでほとんどを占めるということです。

また、フィリピン以外の国での語学留学との違いは、教室の形式。多くの国で一般的に行われているグループ授業ではなくて、フィリピンでは、マンツーマンが主流であるとのこと。

それから、大きな要素として、他国と比べて、費用総額が安く済む見込みで、いわゆる先進国への留学費用に比べて、1/3で済むといわれたとそうですよ! これは大きいですね。では、実際、どれだけかかるのか? 気になりますよね。

答えは、、住居1人部屋で、6ヵ月130万くらいのこと! 意外に高い! 学校やプランによって、金額は様々とのことですが、それでもびっくりです。

もっと安い(100万円以内など)プランもあるようですが、教えてくれた彼女は、行くからにはこだわりたいところはしっかりこだわって、満足した場所で過ごしたいという気持ちで、プランを選ぼうとしているようです。私は、これ、すごーくいいな、と思いました。自分にこだわりがある点は、貫いた方がいいです。お金で解決できることなら、なおさらそう。

少し検討してみようかな、でも高いな~という方はご安心を。1人部屋にしなければ費用が安くなったりするそうです。
また、治安は、海外ですから、安全な地域を選んだ上で、生活にくれぐれも気を付けて、夜は出歩かないようにする、などといった注意を多く受けるそうです。これは大変ですね。日本国内の引っ越しでさえ、エリア選び、物件選びは大変なのに、そのコーディネートを、しかも現地にいない間にしなくてはいけないんだ~。

そして、肝心のネットの話ですが、接続環境はイマイチだそうですよ。ありゃりゃ。でも、現地へ行く目的は、あくまで語学留学なので、そこまでゴリゴリにネットができる環境を求めなくてもいいのかな。どうでしょうか。

フィリピンへの語学留学について、ここまで詳しく教えてくれた女性は、まずはもう少しお金を貯めたいので、アルバイトをがんばります、とのことでした。
私は、語学留学にかけるお金の半分ぐらい、国内で英語の勉強に使ったかも、、といま青くなっています。それでも、ネイティブみたいには話せていないので、英語をマスターしたいなら、思い切って、語学留学するのは一つの方法だと思います。
ただし、その場合、どこまでのレベルに自分を持って行って、その自分で帰国するんだ!! という強い意志が、日本にいる計画の時点で必要だと思う。生きたお金の使い方になるかどうかは、自分次第だな、と思いました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする