塩ラーメンの起源は北海道だった! | 身近ななるほどが集まるブログ

塩ラーメンの起源は北海道だった!

知らなかったので驚きました。北海道のラーメンと言えば、みそバターラーメンだと思っていました。

どちらかというと、塩ラーメンは、本州、しかも関西の方で生まれたとばかり思っていた。これは、播州赤穂の塩が有名、というイメージだからでしょう。播州赤穂と言えば、年末の風物詩、忠臣蔵の舞台でもありますね。

今、TVCMで、塩ラーメンを冷やして食べる、というレシピが放送されていますね。冷製スパゲティのような風合いなのかしら、トマトなど入れるとおいしそうです。

最近めっきり、トマトがおいしく感じられるようになりました。昔は、生食が苦手で、トマトソースぐらいでしか食べられなかったのですが、最近、冷蔵庫から出したばかりのトマトを切って挟んだサンドイッチ(ベーコン、レタス、トマト)が大のお気に入りになりました。とてもジューシーでおいしい!

あと、これは面白がられますが、本当においしいのが、お好み焼きの上に、賽の目切りにしたトマトを載せて食べるレシピ! これまたトマトのジューシーさが、粉もんによく合ってたまりません。タコとも相性がいいから、たこ焼きに付け合わせてもいいね。軽くマリネしたトマトでもいいと思う!

塩ラーメンの話から、トマトの話になりました。夏だから!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする