Nortonとwindows10は相性が悪いの? | 身近ななるほどが集まるブログ

Nortonとwindows10は相性が悪いの?

ネットにつなぐためのソフト(アプリ)は、近頃では、MS Edgeをよく使います。IEも使えるけど、どうも動きがモッサリしているので…

原因の一つはNortonがしっかり見張っているからなのかな?と思っています。ただ、これまた、windows 10とは、極めて相性が悪い。

こまめにウイルス定義の「ライブアップデート」をしてくれるのはうれしいが、「解決できないエラー」がしばしば生じる。もしかしたら、使用しているパソコンの能力が追い付いていないのかもしれない。

ただ、前記のエラーが発生すると、Norton公式から、exeファイルを入手するように勧められる。目的は何と、Nortonの削除、入れ直し。

実際、昨日行った手続きとしては、同社のセキュリティソフト(アプリ)の削除 → 再起動 → 再インストール を行うも、「インストール作業が終了できず3時間続く」羽目に。

どう考えてもおかしいことから、再度調べてみると、今度は、パワーイレイザーという一段威力の強い、削除exeを実施せよとのこと。Nortonの進めるままに、セーフモードで起動し、インストールしたら、ようやくうまいこと行きました。

どうも、最初のNortonの削除、入れ直しで相性の良しあしが出るよう。このノートパソコンを使用し始めて半年のところ、よく削除・再インストールを勧められる。運よくインストールが終了し、IEを起動してみても、各ページの安全評価ができなくなっているし、何より不便なのが、セーフコントロールという名のID・パス管理機能が使えなくなっていること。本当に困る…

今回は、幸い、パワーイレイザーで何とかなったものの、原因が知りたいところです。こう繰り返すのには、何か理由があるに違いない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする