初代チャンピオンT決定目前!初心者向けBリーグの楽しみ方3つ | 身近ななるほどが集まるブログ

初代チャンピオンT決定目前!初心者向けBリーグの楽しみ方3つ

日本バスケットボールのプロリーグ、Bリーグの初代champion決定が、いよいよ大詰めむかえていると教えてもらいました。今週で準決勝が終わり、来週、決勝を戦うとのこと。

それをきっかけに、今日は新しい英単語を覚えた。

決勝 final (原意:最後の)

準決勝 semi final (semiの原意:半分の)

準々決勝 quarter final (quarterの原意:4分の1の) ←新しく覚えた!

予選 qualifying

(今見たら、公式サイト、quarterの綴りが「r」一つ足りないけど、バスケットボール界ではこう書くのかも?)

どのチームが初代Bリーグチャンピオンになるのか楽しみ、と教えてもらったのですが、バスケットボール、なかなか見ないな~という私にとって、ファンが実際にいて、支えているのね!ということが新鮮でした。

TV中継されているスポーツのうち、野球やゴルフはよく見るけど、バスケットボールは、早すぎてよくわからないから見ないんだよねー、と以前、別の人とお話ししたら、こちらも教えてもらった。「バスケットボールは、フィールド、コートが小さくなったサッカーだから」とのこと。そうか、ただでさえ動きが目まぐるしいサッカーが、コートが小さくなったらそりゃ早すぎてよくわからないな、とすごく納得。

同時に教わったのは、初心者が見る時のポイント。

1.まず選手、チームのユニフォームのカラーとかデザイン、見た目の好きなところから入るのがいい。
2.statistics(スタッツ、選手の得点率等のデータ。原義:統計)を気にしてみるといい。
3.ゲームの進行が速すぎて合わない人には合わない。楽しめる気分のときだけ楽しめばいい。

なるほどー!と思いました。1.と2.は、まず、色分けするイメージなのかなと。Bリーグは2部制で、1部リーグだけで18チームもある。starting memberは5人だけど、覚えるのが大変。だから、きっかけを作って選手を識別できるようにすると、楽しめるようになるということらしいです。

18チームのほとんどは、関東以北なので、関東地方の人は楽しみが多いですね。選べる「ご当地」チームも多いですよ。

決勝は、国立代々木競技場で行われるとのこと。チケットもプレミア席は天井知らずでしょうが、一般向け席だと4千円からあります。3人家族で行くと1万円超えですが、F1を基準にすると、交通は便利だわ、チケットはお手頃価格だわで、何ともうらやましい環境…

その決勝は、2017年5月27日(土)国立代々木競技場、第1体育館で行われます。バスケットボールファンはもちろん、初心者で、興味を持った人はチェックしてみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする