ハンカチのプレゼントは「別れよう」のサイン?! そこには意外なマナーが! | 身近ななるほどが集まるブログ

ハンカチのプレゼントは「別れよう」のサイン?! そこには意外なマナーが!

ここに文章を書く

あなたは「ハンカチ」
プレゼントで貰った経験ありますか?

私は何度かあるんです♪

もちろん!
プレゼントとして贈ったこともあります☆

一言で「ハンカチ」といっても
どれにしようか迷っちゃうくらい
生地の素材や柄の種類が豊富ですよね♪

価格もお手頃で、相手に気を使わせないし
実用的なため、意外と喜ばれる品なんですよ!

女性ならバックの中
男性ならポケットから

ハンカチが出て来たりしたら
清潔感あるー!って思いませんか?☆

プレゼントしたあなたも
気配りができて、また、清潔感のある人だと
印象づけること、間違いなし!

ただし、ハンカチをプレゼントに選ぶときには、
注意しなければならない点があるんです。

そこで、今回は「ハンカチ」をプレゼントするときの
注意点とぴったりなタイミングについて
ご紹介していきたいと思います♪

ハンカチを贈るときの注意点(重要!)

ところで、ハンカチをプレゼントする、という行為に
「ある意味」が込められていることを
ご存知でしょうか?

ハンカチを相手に渡すということは、
「別れ」「手切れ」を意味します。

それはハンカチを漢字で書くと
「手布」と書いて
「てぎれ」と読むからなんです!

中でも、装飾の付いていない、プレーンな白いハンカチは、
亡くなった方の顔にかける布と色と形が似ているので、
「プレゼント」として贈るのはタブー!!
相手を思って一生懸命選んだ物なのに
受け取った相手が
意味を深く考え過ぎてしまって
関係が危うくなってしまう?!、、、なんてことも、

相手の受け取り方によって、無いとは言い切れないですよね。

そうならないためにも、
特に、上司や目上の方など、
自分より立場が上の方への贈り物にすることは、
避けた方が良さそうですね。

このため、TPOに合わせて
ハンカチを贈るようにしましょう☆

でも、手ごろで実用的なハンカチ。
やっぱり贈り物にしたいな・・・とお考えであれば!

選ぶハンカチは、イニシャル入りや
素材にこだわる等

少し上質なものにして
一緒にメッセージを書いたカードを添えてみては
どうでしょうか♪

「これからもよろしくお願いします」
「お誕生日おめでとうございます」といった
イメージとは逆の一言を添えるだけで
別れのイメージを払拭して、
素直に喜んでいただけるかもしれません。

ただし!
贈る相手によっては避けた方がよい
プレゼントであることには、間違いありません。
このため、相手との関係性を考慮して
決めることを、強くおすすめします!

ということは、やっぱり贈り物として
ハンカチは不向きってことなの??

いえいえ!
そうではありません☆

卒業のお祝いや、転職する先輩への プレゼントにぴったり!

実は、過去、私がハンカチを頂いたタイミングが
ずばりそうだったんです!

転勤のお別れの際にいただきました。

その時には、まったく嫌な気持ちにならなかったですし、
むしろ、実用的で、いつもそばに持っていて使えるものをいただいて
うれしいな~!!って思いました。

だから、お世話になった方や
友人に渡すにはぴったり
タイミングといえます!

こういった状況でのハンカチのプレゼントは、
基本のイメージどおり
「別れ」を意味するものですが、
卒業のお祝いや転職する先輩への
プレゼントとなれば、
「手切れ」なんて冷たいイメージはなく、
門出をお祝いする気持ちが伝わるはずです!
何といっても、お祝いですから♪

また、貰った側もそのハンカチを使うたびに
あなたを思い出してくれるはずです☆

ハンカチだっていいじゃない!

「あなたのことを思って、一生懸命選びました」

これが一番大切なこと☆

今回のポイントさえ気を付けていれば、
ハンカチも喜ばれる贈り物となり得ます。

ブランド物やイニシャル入りの物など
種類豊富にあるハンカチの中から
相手のイメージに合ったものを選んで
是非プレゼントしてみてください♪




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする